我が国の伝統音楽・・・このページをご覧になられたなら、和の調べや和風な催しノページへ・・・

和楽器の店情報ネットトップページへもどります。


和楽器の店情報ネット
♪音楽で幸せを大きくひろげましょう。タカハシミュージックプラザ和楽器販売部のサイトへようこそ!!。
和楽器、和太鼓、通販、和楽器ネット販売部、和楽器の店情報ネット、和太鼓や三味線の皮の破れ、張替え修理致します。http://www.tw-mp.com お問い合わせe-mail info@tw-mp.com
お蔭様で30周年より感謝申し上げます。♪音楽に関することは、どのようなことでも、お気軽にお問い合わせくださいませ!。お電話で直接でもOKです。」
フリーダイヤルTEL0120125−265

音楽で幸せを大きく広げましょう。 タカハシミュージックプラザ

お箏教室や大正琴・お三味線教室から各種・総合音楽教室をご案内致します。

総合音楽教室ご案内タカハシミュージックプラザの音楽教室の発表会など、または、弊社音楽教室講師の出演するコンサート・お薦めの音楽会のご案内をいたしております。♪先ずは♪フリーダイヤル♪(0120−125−265)お気軽にお電話をくださいませ!♪タカハシミュージックプラザ総合音楽教室のご案内のページをご案内致しますピアノ科・ハープ科・バイオリン科・チェロ科・フルート科・オーボエ科・クラリネット科・サキソフォーン科・トランペット科・トロンボーン科・マリンバ科・エレクト−ン科・ドラム科・ギター科(エレキギター・フォークギター・クラシックギター科)ウクレレ科・マンドリン科・オカリナ科・大正琴科・三味線科・筝科・声楽科・(ボイストレーニング)・コンピュータミュージック科・以上全てマンツーマン・レッスンです。リトミックコース(2〜4.5歳の幼児のグループレッスンです。)クリック!
総合音楽教室:
ピアノ〜ハープ・筝・三味線
タカハシミュージックプラザ
その他・各種コース案内のページへ!
素晴らしい先生方が全て
個人指導!

フルート科 バイオリン科 チェロ科 エレクトーン科 ピアノ科 トランペット科 ギター科
ウクレレ科
マンドリン科
オーボエ科
クラリネット科
サキソフォン科
トロンボーン科
マリンバ科
オカリナ科
声楽科
リトミック科
コンピュータミュージック科

三味線
大正琴
ドラム科 ハープ科


♪中学、高校の音楽に和楽器を取り入れ、わが国の伝統音楽を学ぶ。


文部科学省のサイトより
平成15年4月からの高校音楽(芸術の指導要領より
転載させて頂きました。特に興味深い点に、
アンダーラインをしてみましたので、
ご参考になさって頂ければ幸いです。
我が国の
伝統音楽
を学ぶ
学習指導要領

第7節  芸    術

第1款  目    標

  芸術の幅広い活動を通して,生涯にわたり芸術を愛好する心情を育てるとともに,感性を高め,芸術の諸能力を伸ばし,豊かな情操を養う。

第2款  各  科  目

第1  音楽I

1  目      標
  音楽の幅広い活動を通して,音楽を愛好する心情を育てるとともに,感性を高め,創造的な表現と鑑賞の能力を伸ばす。

2  内      容
A  表現
  表現に関して,次の事項を指導する。
(1)  歌唱
  ア  曲種に応じた発声の工夫
  イ  視唱力の伸長
  ウ  歌詞及び曲想の把握と表現の工夫
  エ  合唱における表現の工夫
(2)  器楽
  ア  いろいろな楽器の体験と奏法の工夫
  イ  視奏力の伸長
  ウ  曲の構成及び曲想の把握と表現の工夫
  エ  合奏における表現の工夫
(3)  創作
  ア  いろいろな音階による旋律の創作
  イ  旋律に対する和音の工夫
  ウ  音楽の組み立て方の把握
  エ  いろいろな音素材を生かした即興的表現
B  鑑賞
  鑑賞に関して,次の事項を指導する。
  ア  声や楽器の特性と表現上の効果
  イ  楽曲の歴史的背景
  ウ  我が国の伝統音楽の種類と特徴
  エ  世界の諸民族の音楽の種類と特徴

3  内容の取扱い
(1)  内容のA及びBの指導に当たっては,中学校音楽との関連を十分に考慮し,それぞれ特定の活動のみに偏らないようにするとともに,相互の関連を図るものとする。また,Aについては,生徒の特性や学校の実態を考慮し,表現方法や表現形態を適宜選択して扱うことができる。
(2)  音楽についての総合的な理解を深め,主体的な学習態度を育てるため,適切な課題を設定して学習することができる機会を設けるよう配慮するものとする。
(3)  内容のA及びBの教材については,地域や学校の実態を考慮し,郷土の伝統音楽を含めて扱うよう配慮するものとする。
(4)  内容のAの(1)のア及び(2)のアについては,我が国の伝統的な歌唱及び和楽器を含めて扱うようにする。
(5)  内容のAの(1)のイ及び(2)のイについては,単なる技術の練習に偏ることなく,他の事項との関連において総合的に扱うよう配慮するものとする。
(6)  内容のBのウについては,主として箏曲,三味線音楽(歌い物),尺八音楽などを扱うようにする。
(7)  内容のBのエについては,アジア地域の諸民族の音楽を含めて扱うようにする。

第2  音楽II

1  目      標
  音楽の諸活動を通して,音楽を愛好する心情を育てるとともに,感性を高め,音楽文化についての理解を深め,個性豊かな表現の能力と主体的な鑑賞の能力を伸ばす。

2  内      容
A  表現
  表現に関して,次の事項を指導する。
(1)  歌唱
  ア  声域の拡張と曲種に応じた豊かな発声
  イ  視唱力の充実
  ウ  歌詞及び曲想の理解と個性豊かな表現
  エ  重唱・合唱における豊かな表現
(2)  器楽
  ア  楽器に応じた奏法の習熟
  イ  視奏力の充実
  ウ  曲の構成及び曲想の把握と個性豊かな表現
  エ  重奏・合奏における豊かな表現
(3)  創作
  ア  歌詞の内容を生かした声楽曲の創作
  イ  楽器の特性を生かした器楽曲の創作
  ウ  編曲に関する基礎的知識の理解
  エ  いろいろな音素材を生かした創作
B  鑑賞
  鑑賞に関して,次の事項を指導する。
  ア  楽曲の構造
  イ  音楽の歴史的背景
  ウ  文化的背景に基づく我が国の伝統音楽の特徴
  エ  文化的背景に基づく世界の諸民族の音楽の特徴

3  内容の取扱い
(1)  内容のA及びBの指導に当たっては,相互の関連を図るものとする。また,Aについては,生徒の特性や学校の実態を考慮し,(1),(2)又は(3)のうち一つ以上を選択して扱うことができる。
(2)  内容の取扱いに当たっては,「音楽I」の3の(2)から(5)まで及び(7)と同様に取り扱うものとする。
(3)  内容のBのウについては,主として三味線音楽(語り物),能楽,琵琶楽などを扱うようにする。

第3  音楽III

1  目      標
  音楽の諸活動を通して,生涯にわたり音楽を愛好する心情と音楽文化を尊重する態度を育てるとともに,感性を磨き,個性豊かな音楽の能力を高める。

2  内      容
A  表現
  表現に関して,次の事項を指導する。
(1)  歌唱
  ア  表現内容に応じた個性豊かな発声の工夫
  イ  歌詞及び曲想を生かした個性的,創造的な表現
  ウ  独唱・重唱・合唱における充実した表現
(2)  器楽
  ア  表現内容に応じた個性豊かな奏法の工夫
  イ  曲の構成及び曲想を生かした創造的な表現
  ウ  独奏・重奏・合奏における充実した表現
(3)  創作
  ア  いろいろな様式や演奏形態による楽曲の創作
  イ  個性的な表現を生かした自由な創作
B  鑑賞
  鑑賞に関して,次の事項を指導する。
  ア  音楽の美しさと構造とのかかわり
  イ  音楽と他の芸術とのかかわり
  ウ  音楽と社会及び文化などとのかかわり
  エ  現代の我が国と世界の音楽

3  内容の取扱い
(1)  生徒の特性や学校の実態を考慮し,内容のAの(1),(2),(3)又はBのうち一つ以上を選択して扱うことができる。
(2)  内容の取扱いに当たっては,「音楽I」の3の(2)及び(3)と同様に取り扱うものとする。
(3)  内容のBについては,我が国の伝統音楽及び世界の諸民族の音楽を含めて扱うようにする。アについては,音楽に対するイメ−ジや感情を表現する能力の育成にも配慮するものとする。

文部科学省のサイト

その他の教育機関の学習指導要綱やQ&Aなどが掲載されています。




和楽器の店情報ネットトップページへ