音楽で幸せを大きく広げましょう。タカハシミュージックプラザ

もっと詳しく、あるいはこのような解釈が正しい、歴史的にはこうである。というように、知識が豊富な方お教え下さいませ。中国音楽豆知識

京劇 中国の清朝時代に、北京で形成された皮黄劇を直接の原型とする代表的な中国劇である。
1790年、大の演劇好きの清の乾隆帝が八十歳を迎えるに当たり、塩を売買する商人たちが誕生祝いとして流行りの劇団を北京に連れてきました。この劇団というのが四大徽班のひとつ「三慶班」と言う劇団で、残りの劇団も相次いで上京し、成功を収めました。その後、湖北省から北京にやってきた俳優たちも合流し、安徽と湖北の地方劇を格として、昆劇や1!子 などの地方劇の要素を取り入れつつ形成されたものが京劇です。
また北京の京劇(京派京劇)は正統的伝統を重んじ、上海京劇(海派京劇)は創造的で革新的、と地域による違いもあります。

四大徽班 省一帯の地方劇団の中の、三慶班四喜班春台班和春班のこと。
徽〜善、美しい、善美ならしめる、
徽音〜美しい音楽、良い評判。
三慶班
起承転結のある大きい芝居。
四喜班 昆劇の芝居が得意。
。春台班 勢いのある若手の俳優が多い。
和春班 立ち回りの芝居に定評がありました。
皮黄劇 中国の約三百種にのぼる地方劇の頂点に立つ京劇は、日本の歌舞伎にあたる伝統音楽劇である。「京劇」という名称が定着したのは1949年の新中国建国以降で、それ以前は二黄(にこう)(二簧)、皮黄(ひこう)(皮簧)、京戯(けいぎ)、平劇(へいげき)(北京が北平と改称されていた時代の呼称)、国劇(こくげき)など様々な呼称で呼ばれた。日本語では「京劇」をケイゲキと読んだが、今日は普通キョウゲキと読む。   京劇俳優は「唱(うた)?念(せりふ)?做(しぐさ)?打(たちまわり)」‘蟹廷恂嬉’ch?ng ni?n zu? d?の四技能をマスターしていることが要求される。俳優が演ずる役柄は、男性役「生(せい)」‘伏’sh?ng、女性役「旦(たん)」‘稀’d?n、顔に隈取りを描く男性役「浄(じょう)」‘昌’j?ng、道化役「丑(ちゅう)」‘鞄’ch?uの四つに大別され、それぞれ更に細分化される。昔の京劇は男優のみで演じられ、「旦」も男優が演じたが、民国期から女優の舞台進出が始まり、今は一部の例外を除き旦は女優に一本化された。京劇のプロ俳優?伴奏者の育成は、昔は科班(かはん)‘親萎’k?b?nと呼ばれる私塾的な俳優養成所兼児童劇団で行われた。現在は科班は廃止され、近代的な戯曲学校‘老爆僥丕’x?q? xu?xi?oが各地に設置された
昆劇 中国の伝統演劇「崑劇(昆劇)」(こんげき)をご存知ですか?中国の古典演劇といえば京劇がその代名詞のように言われますが、日本に歌舞伎や能、狂言などさまざまな芸能があるように、中国にも多様な演劇形態が存在します。

歴史も長ければ土地も広大な中国のこと、各地にその土地特有の風格を持つ芸能が無数に生まれては消えてゆきました。昆劇とはこのような中国芸能史において、ある時期頂点を極めた演劇スタイルの一つです。

「昆劇」の魅力

音楽
京劇の節回しは西皮 x?pi と二黄 erhuang の二種類があります。
楽器演奏ははやし方といって、管弦楽と打楽器に分かれます。
管弦楽:文? wench?ng
四大件 si da jian と呼ばれる京胡 j?nghu:高音胡弓、月琴 yueqin:琵琶、京二胡 j?ng'erhu:中音胡弓、三弦 s?nxian:三味線と笛子 dizi:横笛、笙 sh?ng、?? su? na:チャルメラ、海笛 h?i di:高音チャルメラ などがあります。
打楽器:武? w?ch?ng
板鼓 b?ng?:皮の裏に木を張った小太鼓、大? da luo:大銅鑼、小? xi?oluo:小銅鑼、?? naobo:にょうはち、堂鼓 tangg?:太鼓、水? shu? bo:中シンバル、大? da nao:大シンバル、?? ch? gu?:小シンバル、?星 peng x?ng:金属性カスタネット などがあります。
京胡 京胡は、京劇の主要な伴奏楽器。中国の伝統的な擦弦楽器の一つです。
 世界中の擦弦楽器の中でも、共鳴胴が最も小さい楽器と言われますが、非常に大きく、甲高い音が出ます。楽器の大部分は竹で作られ、琴胴の前面にはニシキ蛇の皮が張られています。
左膝の上に置いて演奏します。小さくて軽いので、コントロールが大変難しい。甲高く澄んだ音色が遠くまで響きます。
深夜の練習は要注意。

二胡 黒檀や紫檀などで作られる。京胡と同じくニシキヘビの皮が張られています。左足のつけね、下腹部にあてて演奏する。
弦は二本、その弦の間に弓が挟まっているのが特徴です。弓の表裏面とも利用して演奏します。
音色は非常に優雅で美しく、表現力が豊かで、人の声に大変良くにています。
板胡 球形に近い椰子の殻で作られており、上面が蛇皮でなく. 柾目の針葉樹
の板となっているため、板胡と呼ばれる。.
(ばんこ)
龍頭琴 棹の頭部を龍の形に細かな細工をされる胡琴は、中国的美意識の象徴でもあります。
中胡 中音域の二胡の略称。主に合奏や伴奏用です。大草原をテーマにした曲などにつかわれる。

和楽器音楽豆知識gao qiao du

琴と三味線の数え方について〜琴や三味線を数えるときには、伝統的な言い方があります。琴は一面(めん)、二面・・・、三味線は一挺(ちょう)、二挺・・・というふうに数えます。

摺り鉦〜日本の民俗芸能や下座音楽で使われる打楽器。ゴング属で鉦の一種。下座音楽では摺ると言う語を嫌って当り鉦という。またはチャンギリともいう。祭り囃子や念仏踊りなどに広く使われる。

下座音楽〜歌舞伎の科白劇の伴奏音楽のこと。歌舞伎が発達して舞踏劇と科白劇が区別される様になった為、
音楽も舞踏音楽と伴奏音楽に分かれるようになった。黒御簾で演奏する伴奏音楽を下座音楽または、下座という。

科白劇〜しぐさと、せりふを主としたものをいう。
くろみす〜黒御簾〜舞踏音楽は出語りとか出囃子といって舞台に並んで演奏した。しかし歌舞伎が科白劇を中心に
写実的要素を加えるようになると伴奏音楽は観客から見えないところで演奏するようになった。舞台下手に黒板塀で囲み黒いみすをかけてある。その場所が黒御簾と呼ばれる所である。
御簾〜すだれの丁寧な言い方、へりつきの目の細かい簾。

笙について〜鳳笙ともいう。主に雅楽で和音を奏するのに使われる。日本には奈良時代に唐楽の楽器として
              伝来。正倉院には笙とそれを大型にした低音用の芋(う)が各3個ずつのこされている。
           鳳凰  〜昔、中国でめでたいときに現れると考えられた、想像上の鳥、形は孔雀に、似る。
唐楽〜雅楽曲のうち、中国及び、中国経由で伝えられたもの。またそのスタイルを模倣して、わが国で作られた楽舞
     などの総称。左方の楽を唐楽という。
左舞〜舞楽(雅楽によって舞われる舞踊)の中で唐楽によって舞われる舞のこと。

〜笛の一種。笙の類で、昔は36管あり、後世は19管になった。竹の管の長いものと短いものを並べ、鳥の翼の形に
   かたどったもの。

 

龍笛
(竜)
日本の伝統楽器の一種。横笛(おうてき)ともいう。雅楽の唐楽で使われる雅楽の代表的な笛。雅楽でたんに
といえばこれをさす。竹製で7孔、長さ40センチメートルぐらい。
篳篥の吹く主旋律とだいたい同じ旋律に多少細かい装飾をつけて吹く。
合奏はこの笛の音頭の独奏ではじまる。筒音はcis(本当はdだったらしい)。
篳篥

悲篥
日本、中国、朝鮮の縦吹き、ダブルリードの管楽器。わが国では雅楽のみで用いられるが、オーボエやチャルメラの音色を鋭く強くした様な音色とおおきな音量を持ち、合奏の主旋律を奏して、重要な役割を果たす。
長さ18cm、上端の口径約1.5cm末端の口径約1cmの竹管に、表7、裏2、の指孔をつけ、樺を巻き漆を塗り、芦の管のリードをつける。筒音はgで音域は狭いが、唇などの操作により大幅に、音域をずらすことが出来、1つの
音を出すのに、より低い音からすり上げて出すのが特徴である。中国から600年ごろに渡来したと推定される。