和楽器販売の店情報ネットでは、太鼓の皮の、張替え、三味線の皮の破れ、張替え、補修、箏の補修、 修理、調整、箏の糸の張替え、箏糸が切れた時の調弦、調律、補修、和楽器の修理等、 とりあえずお気軽にお電話、東京都稲城市、(042−378-2555)またはメールにて相談下さいませ。 お待ち申し上げます。和楽器のどのような件でも、小さな付属品の事でもご遠慮なくお申し付け 下さいませ。
和楽器以外の楽器は*
楽器屋さん♪(gakkiyasann.com)におまかせ下さい。
Gakkiyasan 左をクリックすると、♪♪♪
楽器屋さん♪TOPへ 和楽器以外の楽器屋さんへ行きます。

和楽器の店情報ネット同様に、どうぞ宜しくお願い致します

音楽で幸せをを大きく広げましょう。タカハシミュージックプラザ『管カラフェスタ2006』のポスター

ここで流れている曲名=やのくち音頭 ジャズやポピュラーの演奏に、ぜひとも和楽器も仲間に入れてネ。

お問い合わせ先



年々進化を続ける“管楽器プレイヤーの祭典”

■老若男女のアマチュア演奏家が管楽器のライブ演奏を観客の前で競う
ヤマハ『管カラフェスタ2006』
12月1日からエントリー受付開始

−出演者も観客も、見て・聞いて・楽しめるイベント、
全国大会は2006年4月に東京・ヤマハホールで開催−


『管カラフェスタ2006』のポスター



2006年1月1日
謹賀新年 

 ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中沢町10-1、社長:伊藤修二)は、成人のみならず、子どもからシニアまでの管楽器愛好者が演奏を披露する場として、今回で8回目を迎えるヤマハ『管カラフェスタ2006』(2006ヤマハ管楽器カラオケチャンピオンシップ)を開催します。出場者の募集は12月1日(木)から全国のヤマハ管楽器特約店で行い、来年1月から各地で第一次審査(ヤマハ管楽器特約店大会)を順次開催し、2006年4月9日(日)には東京・銀座「ヤマハホール」で全国大会を開催します。


<開催の概要>


 ヤマハ『管カラフェスタ2006』は、歌のカラオケと同じように、「管楽器のメロディー演奏部分を抜いてあるバンド演奏」=『管楽器カラオケ』(注)をバックに、管楽器のソロプレーヤーとして演奏を披露してもらうコンテストです。
 

「管カラフェスタ2005全国大会」から

 本コンテストの審査基準は、「楽器演奏のテクニック」だけではなく、「聴いている人に感動や共感を与えたか」や、「演奏を引き立てるステージ上のパフォーマンス」など管楽器を通した自己表現力に力点がおかれます。このため、毎年数多くの参加希望者が集まり、7回目を迎えた昨年度のエントリー者数は合計約3,000名に達しています。参加者の年齢層も小学生からシニア層までと幅広く、世代を超えたイベントに成長しています。また、楽器演奏の経験年数も考慮しながら審査するため、経験が浅い人でもチャレンジしやすくなっています。さらに、チューバやホルンといった演奏人口の比較的少ない楽器にも幅広く門戸を開いています。 全国大会の出場者は、曲のイメージに合わせてさまざまな小道具を使ったり、カラフルな衣装や派手なパフォーマンスを披露するなど(各頁「管カラフェスタ2005全国大会」画像参照)、年を追う毎に盛り上がりを見せています。

 

「管カラフェスタ2005全国大会」
最優秀グランプリの加納奈美さん

 出場希望者は、全国のヤマハ管楽器特約店頭(管カラ参加特約店)でエントリーの手続きができます。また12月初旬に開設する「管カラフェスタ2006ホームページ」(http:// www.yamaha.co.jp/event/kan-kara2006/)で、近隣にあるエントリー可能な特約店を参照することも可能です。
 なお、前回の大会から「課題曲」の枠を外して楽曲完全自由選択制としたため、例年にないユニークな演奏が展開されました。それを受けて今年の全国大会は表彰の選考対象を変更し、従来どおりの「最優秀グランプリ」(1名または1組、賞金30万円)のほかに、昨年の準グランプリに相当していた「ソログランプリ」と「デュエットグランプリ」を、ソロ/デュエットを問わずに演奏そのものを重視する「演奏グランプリ」(同20万円)と、衣装や仕掛け、ステージパフォーマンスなどを重視する「パフォーマンスグランプリ」(同20万円)とするなど、表彰内容を変更しています。

 さらに、60歳以上を対象とした「ゴールデンエイジ賞」や、18歳以下を対象とした「ヤングエイジ賞」などの贈賞も例年通り予定しています。なお、「ゴールデンエイジ賞」は、“団塊の世代”のリタイアを先取りして昨年の「50歳以上」から「60歳以上」に、「ヤングエイジ賞」は、高校生世代のブラスバンド流行を背景に昨年の「15歳以下」から「18歳以下」にそれぞれ変更しています。
 これらの賞は、全国大会に審査員として招く予定の日本を代表する管楽器奏者などによって選ばれますが、観客が審査員となって選ぶ「オーディエンス賞」もあり、出場者と観客が一体となってイベントを盛り上げていきます。(各賞の詳細は後述)
 

「管カラフェスタ2005全国大会」から


 今年4月の第7回全国大会には500名を超える観客が集まるなど、本イベントは趣味需要層の掘り起こしのきっかけとなっています。当社では、このフェスティバルを通して、中高生吹奏楽部の活性化を図るとともに、成人からシニア層の管楽器愛好者の発表・交流の場を提供し、いっそう多くの人に管楽器の楽しさを知ってもらい、あらゆる世代にとって管楽器が身近なものになることを目指しています。


注) 「管楽器カラオケ」
 歌のカラオケと同じように、「メロディー演奏部分が抜いてあるバンド演奏」を伴奏に管楽器を演奏する新しい楽しみ方です。無伴奏でメロディーを演奏するのに比べて、カラオケのバンド伴奏に合わせて演奏すると、本物のオーケストラやバンドをバックに演奏している気分を味わうことができ、演奏する楽しみが増すとともに、アンサンブルの練習にもなります。

 詳細は以下の通りです。


<イベントの背景>

 高校の吹奏楽部を舞台とした映画がヒットし、テレビの人気番組で“学校の吹奏楽部”がレギュラー企画として取り上げられ特集番組も放映されるなど、昨年来管楽器人気が静かな高まりを見せています。
 日本の管楽器人口は、学校教育(ブラスバンドなど)、プロ・アマのオーケストラ人口などを加え、全体で約75万人と推定されています(当社推定)。そのほか、ジャズ・ポピュラーの分野も大きく、アマチュアでも管楽器の演奏を“大人の趣味”として楽しむ人も増えていると推定されます。
 中高校生の間でも吹奏楽部が人気の“部活”となり、当社が毎年全国約1,000校の吹奏楽部を対象に行っている調査では、今年の進入部員獲得数は中学校、高校共に前年を上回り、人気の高まりを証明しています。さらに、近年好評の「ヤマハ大人の音楽レッスン」においても、サクソフォン、フルートなど管楽器分野の受講者の前年からの増加率は、全体の増加率を10%以上上回るなど、注目を集めていることが伺えます。
 一方、近年成人層を中心に、ヘッドフォンを用いて音量を気にせず演奏できる「サイレントブラスシステム」をはじめ、当社の他のサイレントシリーズ(ギター、バイオリン、ピアノ他)を利用して、個人で楽器を自宅などで楽しむ人も増えています。こうした人々は、かつて楽器を弾いて楽しんだり、レッスンを受けていた経験を持つ“楽器回帰層”が少なくなく、趣味として楽器を演奏する成人層は、今後も増えると推定されます。

 当社では、今回の『管カラフェスタ2006』をはじめ管楽器の演奏イベントを行うことにより、潜在的な楽器演奏希望者に対し、気軽に演奏に接することができる場を提供することで、音楽の楽しさを伝え、さらなるユーザーを開拓していきたいと考えています。


<全国大会までの選考過程と応募方法>

 出場の受付は、12月1日(水)から全国のヤマハ管楽器特約店で行います。また12月初旬から開設する「管カラフェスタ2006ホームページ」(http://www.yamaha.co.jp/event/kan-kara2006/)でお近くのエントリー対応特約店を参照できます。出演単位はソロまたはデュエット(演奏者のみ、バックダンサー等は除く)で、エントリー料は演奏者1名あたり3,000円(税込)です。
 出場者は、2006年1月から始まる特約店大会(第1次審査・日時と会場は各特約店ごとに決定)で、自分が選んだ曲をカラオケCDや自分が用意した伴奏(MDなど)に合わせて演奏します。演奏スタイルやアレンジ、アドリブなどは自由に、演奏を通じて管楽器の楽しさをアピールしてもらいます。その後3月にビデオ審査および公開選考会を全国5地域(北海道、東北、関東・甲信越、東海、北陸・近畿・中四国、九州・沖縄)に分けて実施し、そこから選出された17名(組)が、2006年4月9日(日)に東京の銀座・ヤマハホールで開催される全国大会に出場できます。なお、演奏時間は6分以内です。


ヤマハ管楽器特約店大会(第1次審査)
2006年1月〜2月

VTR審査および公開選考会(第2次審査)
(札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡)
2006年3月
*地域によって選考方法・時期が異なることがあります。
全国大会
東京・銀座 ヤマハホール
2006年4月9日(日)


<『管カラフェスタ2006』概要>

■実施要項
タイトル 『管カラフェスタ2006』(2006ヤマハ管楽器カラオケチャンピオンシップ)
主催 ヤマハ株式会社
対象者 小学生から大人の管楽器愛好者まで
参加資格 小学生以上の管楽器アマチュアプレーヤー(プロ奏者以外)
対象楽器 トランペット、フルート、サックス、クラリネットほか管楽器全般
※電子楽器によるエントリーはできません
申し込み受付 特約店大会の催される店の店頭でエントリーできます。
※ホームページ上にエントリー対応特約店情報を掲載
エントリー期間 2005年12月1日〜2006年1月末(締切日は会場ごとの設定)
エントリー料 1名3,000円 税込み(CD等の音源は参加者調達)
審査基準 楽器の演奏テクニックはもちろん、演奏をひき立てるステージの演出など管楽器を通した自己表現力を総合的に審査
1.年齢や経験年数を考慮して演奏力はどれだけあったか
2.聴いている人に感動や共感を与えたか
3.演奏を引き立てるステージ上のパフォーマンスプレイはあったか
ホームページ 管カラ2006版ホームページ ※12月初旬公開予定
URL  http://www.yamaha.co.jp/event/kan-kara2006/
※ホームページ上で近隣のエントリー対応特約店を参照できます
全国大会設定賞
(予定)
*最優秀グランプリ 30万円 1名(組)
*演奏グランプリ 20万円 1名(組)
*パフォーマンスグランプリ 20万円 1名(組)
*ゴールデンエイジ賞(60歳以上) 10万円 1名(組)
*ヤングエイジ賞(18歳以下) 5万円 1名(組)
*審査員賞 5万円 5名(組)
*特別賞 3万円 7名(組)
*オーディエンス賞 記念品  


■「管カラフェスタ2005」の入賞者
  受賞者(敬称略) 性別 年齢 使用楽器 地区
最優秀グランプリ /オーディエンス賞 加納奈美 16 アルトサックス 愛知
ソログランプリ 井上和徳 29 テナーサックス 滋賀
デュエットグランプリ 辻咲美/佐藤由佳 女/女 17/17 トランペット 鹿児島
ゴールデンエイジ賞 横山真二/高木道代 男/女 55/37 フルート 大阪
スーパージュニア賞 /アビテックス賞 清水皇海 9 アルトサックス 東京
朝岡聡賞 結城麻美 30 トランペット 三重
高木綾子賞 野津道夫 47 トランペット 東京
桑野信義賞 川手正樹/山本薫 男/女 47/16 トランペット 山梨
織田浩司賞 山内崇之/丸直彦 男/男 34/36 ホルン&トランペット 広島
グッドパフォーマンス賞 和田憲久 32 アルトサックス 宮城
グッドアンサンブル賞 大津啓/谷本直也 男/男 29/29 チューバ&トランペット 茨城
グッドファッション賞 三崎幸典/森正士 男/男 43/48 トランペット 香川
グッドアピール賞 加藤剛 21 アルトサックス 新潟
グッドサウンド賞 加瀬健吾 16 アルトサックス 千葉
グッドサウンド賞 早川隆人 26 トロンボーン 北海道
グッドハーモニー賞 竹内駿平/盛満ゆかり 男/女 16/16 トランペット&クラリネット 鹿児島
※出場者のプロフィールはエントリー時のものです。

今聞こえている曲の三味線のパートをトランペットやサックス、クラリネット、フルート、トロンボーンその他の管楽器で歌うのです。素晴らしい企画です。

2005年1月1日〜2005年2月15日

ヤマハ【管カラフェスタ 2005】出場者募集中!!お電話でお気軽にどうぞ!042−378−2555

管カラフェスタ2004

歌のカラオケと同じようにカラオケ演奏をバックにして、管楽器でソロ演奏をしていただき、演奏テクニックだけでなく、演奏を引き立てるステージ上の演出など、パフォーマンス力を総合的に審査するソロコンテストです。演奏する方はもちろん、聴いている方も管楽器って本当に楽しいと実感できるイベントです。経験歴問わず、とにかく参加しなきゃ始まらない、それが「管カラ」です。

最優秀グランプリ賞30万円だそうです。
腕に覚えのある人は参加して30万円獲得してマウスピースなど新調してみてはいかがでしょうか?


今年は“楽曲完全自由選択制”でより自由に楽しくパフォーマンス

■アマチュア演奏家なら誰でも管楽器のライブ演奏を観客に披露できるイベント
ヤマハ『管カラフェスタ2005』
11月1日からエントリー受付開始
-出演者も観客も、見て・聞いて・楽しめるイベント、
全国大会は2005年4月に東京・ヤマハホールで開催-


『管カラフェスタ2005』のポスター



2004年10月22日

 ヤマハ株式会社(本社:静岡県浜松市中沢町10-1、社長:伊藤修二)は、成人のみならず、子どもからシニアまでの管楽器愛好者など、管楽器趣味需要層の演奏を発表する場として、今回で7回目を迎えるヤマハ『管カラフェスタ2005』(2005ヤマハ管楽器カラオケチャンピオンシップ)を開催します。出場者の募集は、11月1日(月)から全国のヤマハ管楽器特約店で、11月下旬から「管カラ2005ホームページ」(http://www.music-eclub.com/kan-kara2005/)で行います。来年1月から各地で第一次審査(ヤマハ管楽器特約店大会)を順次開催し、2005年4月10日(日)には東京・銀座「ヤマハホール」で全国大会を開催します。



<開催の概要>

 ヤマハ『管カラフェスタ2005』は、歌のカラオケと同じように、「管楽器のメロディー演奏部分を抜いてあるバンド演奏」=『管楽器カラオケ』(注)をバックに、管楽器のソロプレーヤーとして演奏を披露してもらうコンテストです。

昨大会の最優秀グランプリ賞受賞者
 本コンテストの審査基準は、「楽器演奏のテクニック」だけではなく、「聴いている人に感動や共感を与えたか」や、「演奏を引き立てるステージ上のパフォーマンス」など管楽器を通した自己表現力に力点がおかれます。このため、参加希望者は年々増加しており、6回目を迎えた昨年度のエントリー者数は過去最高の合計約3,000名に達し、参加者の年齢層も小学生からシニア層までと幅広く、世代を超えたイベントに成長しています。
 また、楽器演奏の経験年数も考慮しながら審査するため、経験が浅い人でもチャレンジしやすくなっています。さらに、チューバやホルンといった演奏人口の比較的少ない楽器にも幅広く門戸を開いています。
 出場者の中には、曲のイメージに合わせてさまざまな小道具を使ったり、凝った衣装を用意するなど(文中「管カラフェスタ2004全国大会」画像参照)、年を追う毎に盛り上がりを見せています。ちなみに、昨年の最優秀グランプリ賞受賞者はトロンボーンを演奏する双子の姉妹(ともに主婦)でした。出場希望者は、全国のヤマハ管楽器特約店頭でエントリーの手続きできるほか、「管カラフェスタ2005ホームページ」からも申し込み可能です。
 なお、今年は昨年まで決められていた「課題曲」の枠を外し、演奏曲を完全に自由選択としたため、例年以上にユニークな演奏が期待できます(昨年までの楽器別カラオケ入り課題曲集は継続販売しており、今年も利用可能です)。

昨大会から


 最終ステージとなる全国大会では様々な賞が用意されており、「最優秀グランプリ賞」30万円(1名/組)をはじめ、「ソログランプリ賞」の20万円(1名)、「デュエットグランプリ賞」20万円(1組)、そして50歳以上を対象とした「ゴールデンエイジ賞」や、15歳以下を対象とした「スーパージュニア賞」などの贈賞を予定しています。これらの賞は、全国大会に審査員として招く予定の日本を代表する管楽器奏者などによって選ばれますが、観客が審査員となって選ぶ「オーディエンス賞」もあり、出場者と観客が一体となってイベントを盛り上げていきます。

 今年4月開催の第6回全国大会には500名を超える観客が集まるなど、本イベントは趣味需要層の掘り起こしのきっかけとなっています。当社では、このフェスティバルを通して、中高生吹奏楽部の活性化をはかると共に、成人からシニア層の管楽器愛好者の発表・交流の場を提供し、いっそう多くの人に管楽器の楽しさを知ってもらい、あらゆる世代にとって管楽器が身近なものになることを目指しています。


昨大会の出場者


注)「管楽器カラオケ」
 歌のカラオケと同じように、「メロディー演奏部分が抜いてあるバンド演奏」を伴奏に管楽器を演奏する新しい楽しみ方です。無伴奏でメロディーを演奏するのに比べて、カラオケのバンド伴奏に合わせて演奏すると、本物のオーケストラやバンドをバックに演奏している気分を味わうことができ、演奏する楽しみが増すとともに、アンサンブルの練習にもなります。

 詳細は以下の通りです。


<イベントの背景>

 日本の管楽器人口は、学校教育(ブラスバンドなど)、プロ・アマのオーケストラ人口などを加え、全体で約70万人と推定されています(当社推定)。またそのほか、ジャズ・ポピュラーの分野も大きく、アマチュアでも管楽器の演奏を“大人の趣味”として楽しむ人も増えていると推定されます。「ヤマハポピュラーミュージックスクール(PMS)」の管楽器の分野(サクソフォン、フルートなど)の生徒数は合計で約19,000人ですが、年々受講者の数が増加しており、管楽器の演奏人口が潜在的に大きいことがうかがえます。

 その一方、近年、成人層を中心に、ヘッドフォンを用いて音量を気にせず演奏できる「サイレントブラスシステム」をはじめ、当社の他のサイレントシリーズ(ギター、バイオリン、ピアノ他)を利用して、個人で楽器を自宅などで楽しむ人も増えています。こうした人々は、かつて楽器を弾いて楽しんだり、レッスンを受けていた経験を持つ“楽器回帰層”が少なくなく、趣味として楽器を演奏する成人層は、今後も増えると推定されます。
 当社では、今回の『管カラフェスタ2005』をはじめ管楽器の演奏イベントを行うことにより、潜在的な楽器演奏希望者に対し、気軽に触れることができる楽器を演奏することで、音楽の楽しさを伝え、さらなるユーザーを開拓していきたいと考えています。



<全国大会までの選考過程>

 出場の受付は、11月1日(月)から全国のヤマハ管楽器特約店と「管カラフェスタ2005ホームページ」(http://www.music-eclub.com/kan-kara2005/、11月下旬公開予定)で行います。エントリー料は1名あたり2,000円です。
 出場者は、2005年1月から始まる特約店大会(第1次審査・日時と会場は各特約店ごとに決定)で、自分が選んだ曲をカラオケCDや自分が用意した伴奏(MDなど)に合わせて演奏します。今大会から「課題曲」という枠を外し、エントリーを行いやすくしています。演奏スタイルやアレンジ、アドリブなどは自由に、演奏を通じて管楽器の楽しさをアピールしてもらいます。その後3月にビデオ審査および公開選考会を全国6地域(北海道、東北、関東甲信越、東海、北陸・近畿中四国、九州・沖縄)に分けて実施し、そこから選出された16名(組)が、2005年4月10日(日)に東京の銀座・ヤマハホールで開催される全国大会に出場できます。なお、演奏時間は6分以内です。

ヤマハ管楽器特約店大会(第1次審査)
VTR審査および公開選考会(第2次審査)
全国大会
東京・銀座 ヤマハホール
2005年4月10日(日)


<『管カラフェスタ2005』概要>

主 催:ヤマハ株式会社

■実施要項
タイトル 『管カラフェスタ2005』
(2005ヤマハ管楽器カラオケチャンピオンシップ)
対象者 小学生から大人の管楽器愛好者まで
参加資格 管楽器アマチュアプレーヤー(プロ奏者以外)
対象楽器 トランペット、フルート、サックス、クラリネットほか管楽器全般
※電子楽器によるエントリーはできません。
申し込み受付 特約店大会の催される店の店頭もしくは管カラホームページ上からもエントリーできます
※ホームページからエントリーした場合は参加特約店を紹介します
エントリー期間 2004年11月1日〜2005年1月末(締切日は会場ごとの設定)
エントリー料 1名2,000円 税込み(伴奏用のCDソフトなどは参加者調達)
審査基準 楽器の演奏テクニックはもちろん、演奏を引き立てるステージの演出など管楽器を通した自己表現力を総合的に審査
 1.年齢や経験年数を考慮して演奏力はどれだけあったか
 2.聴いている人に感動や共感を与えたか
 3.演奏を引き立てるステージ上のパフォーマンスプレイはあったか
ホームページ 管カラ2005版ホームページ ※11月末公開予定
URL  http://www.music-eclub.com/kan-kara2005/
全国大会設定賞
(予定)
*最優秀グランプリ賞 30万円      1名(組)
*ソログランプリ賞 20万円 1名
*デュエットグランプリ賞 20万円 1組
*ゴールデンエイジ賞(50歳以上)     10万円 1名(組)
*スーパージュニア賞(15歳以下) 5万円 1名(組)
*審査員賞 5万円 4名(組)
*特別賞 3万円 7名(組)
*オーディエンス賞 記念品 1名(組)


■管カラフェスタ2004の入賞者
  受賞者 性別 年齢 使用楽器 地区
最優秀グランプリ 益永 昌枝
益永 直枝

36
36
トロンボーン
トロンボーン
兵庫
ソログランプリ 竹内 悠馬 13 トランペット 鹿児島
デュエットグランプリ 大津 啓
大内 美佐雄

28
43
チューバ
トロンボーン
茨城
ゴールデンエイジ賞 大野 卓也 54 トロンボーン 新潟
スーパージュニア賞 竹内 駿平
大磯 薫

15
13
トランペット
トランペット
鹿児島
朝岡 聡 賞 柴山 歩美 11 フルート 千葉
織田 浩司 賞 西野 有香
前田 めぐみ

18
18
トランペット
アルトサックス
富山
桑野 信義 賞 大坂 昇
清藤 択冶

34
34
トロンボーン
トランペット
青森
高木 綾子 賞 今井 ちずる 24 フルート 北海道
グッドパフォーマンス賞 森  繁 41 トランペット 香川
グッドアンサンブル賞 田中 義晴 37 トランペット 鳥取
グッドファッション賞 原  嘉人 43 アルトサックス 愛知
グッドアピール賞 金澤 国彦 42 トランペット 茨城
グッドサウンド賞 加瀬 健吾 15 アルトサックス 千葉
グッドハーモニー賞 小池 晃 45 トロンボーン 千葉
アビテックス賞 加瀬 健吾 15 アルトサックス 千葉
オーディエンス賞 大津 啓
大内 美佐雄

28
43
チューバ
トロンボーン
茨城
音楽で幸せを大きく広げましょう。YAMAHA タカハシミュージックプラザ
     どんな事でも、お気軽にお問い合わせ下さいませ。  管楽器の新しいサイト楽器屋さんドットコム
音楽で幸せを大きく広げましょう。  和楽器、和太鼓、通販、和楽器ネット販売部、和楽器の店情報ネット、和太鼓や三味線の皮の破れ、張替え修理致します。2005年10月1(金)お蔭様で創業30周年(感謝)
memory2のページへ稲城市商工会へリンク タカハシミュージックプラザ 〒206−0801東京都稲城市大丸124 
TEL 042−378−2555 mail info@tw-mp.comお気軽にどうぞ。
和楽器ネット販売部は年中無休で営業中です。午前9:30〜午後9:00お電話にて受付中。お気軽に、お問い合わせ下さいませ。和楽器の店情報ネットへようこそ、音楽に関することなら和楽器はもちろん、ピアノ、クラビノーバ、管弦打楽器、エレクトーン、音楽教室の事、お三味線や、お箏のレッスンについて等、どうぞ、おたずね下さいませ。
TEL042−378−2555
音楽教室も日曜日レッスン致しております。
FAX042−378−2146
(和楽器・民族楽器・打楽器・弦楽器)
鶴と熊と鶏の絵に矢印キーを!
「今年こそ三味線をマスターするぞ」「そしていろんな楽器とアンサンブルをするのが夢です。」 「今日から、よーしたった今からやるぞ!!。」「どうか皆さん宜しく見ててください。<和楽器ネット販売部、音楽で幸せを大きく広げましょう。タカハシミュージックプラザ東京都稲城市、楽器修理致します。三味線の皮の張替え致します。お電話でお気軽にどうぞ。お三味線教室、お箏教室入会受付中!。>三味線の皮の張替え
太鼓の皮の張替え修理致します。
お気軽に、お問い合わせ下さいませ。
「鶴さんなら絶対できるようになるよ」「僕たちのバンドに入ってたのしくやろうよ。」「三味線が入るとどんなサウンドになるのかすっごくたのしみ。」<和楽器の店、東京都稲城市、タカハシミュージックプラザ、音楽で幸せを大きく広げましょう。ドラム教室もあります。音楽教室入会受付中。> 「一緒にやろうぜライブ!。」「鶴さんの夢絶対実現する!!。」「大きな夢をもって前進、前進、そして練習、練習。」<和楽器の店情報ネット、東京都稲城市、タカハシミュージックプラザ、楽器の修理やギター教室の事、何でもお気軽にお電話でお問い合わせ下さいませ。>
ドラムセットやエレキギター、
又はサイレントギター、サイレント
バイオリン、サイレントチェロ
サイレントブラス関係など和楽器
以外の楽器又は付属品、リードや
オイル、マウスピースやリガチャー
等何でもお気軽にお問い合わせを
どうぞ!!下記の姉妹サイトヘどうぞ
クリックしてみて下さい。
http://www.gakkiyasan.com/
 
音楽の事なら和楽器はもちろん
ピアノ、クラビノーバ、管弦打楽器、
エレクト−ン、音楽教室の事
なんでも
お気軽に
左記のTELにお問い合わせ下さいませ。
姉妹サイトで激安販売しております
EL-90 \121,800(税込)
EL-900 \315,000(税込)
などなど・・・他の機種もご覧下さい

  中古EL57  \94,500(税込み)

 

  中古EL90  \121,800(税込み)
 

  中古EL700  \249,900(税込み)

 

  中古EL900m \315,000(税込み)
    グレードアップキット取り付け

売約済み

 

 

中古エレクトーンは、すべて点検・オーバーホール・クリーニングをして、出荷しております。

お客様に安心してお使い頂けるように、新品と同様の一年間の無償保証をさせて頂いております。

椅子・ヘッドホン・取り扱い説明書 付属
(取り扱い説明書は、一部同等機種で振り替えさせていただく場合もございます)

中古エレクトーンの配送料金につきましてはメールにてお問い合わせ下さい。
県市町村と何階に設置予定か、2階以上の場合、階段かエレベーターかもお知らせ下さい。

お支払い方法は、お振込みか商品お届け時の代引きが選択できます。
(一部地域で、代引きの出来ない地域もございますので、前以てご了承下さい)

 

お問い合わせ・お申し込みは、お名前・ご住所・お電話番号・ご希望機種を併記の上音楽に関することなら、何でも、お気軽にメールにてお問い合わせ下さいませ。e-mail info@tw-mp.com、にてお願い致します。 

    
また随時お知らせをいたします。

トップページへもどります。